可動プールフロア

プールを変換するためには、水泳プールの内側で様々な深さを実現さ せるために床を上下に動かすことが必要です。プールが使用されてい ない時に、この作業をすることにより、水辺の活動の選択肢を広げ、平 らな床面積を提供します。近年、それは、スペースと安全性の両方の問 題を解決する効果的な方法であると広く認められています。

Before
After

スライドを使用して空間変換を表示する

他の可動床プールシステムと違って、AKVOはケーブル、浮力タンク、 水力学またはハサミに頼っておりません。なぜならそれは性能、点検と プールデザインの限界にしばしば関係してしまうからです。

これらの部品はスパイラリフトユニットに交換されました。それらは簡潔 でしかも信頼性のある強力な作動装置です。彼らのもともと持っている 特性のおかげで、AKVOの可動床はどんな深さにでも適応でき、積載 条件による全ての商業基準を満たします。そして独特のプールの寸 法、表面の形状、仕上げにかかわらず、完全にその環境にうまく収まり ます。

 

image

AKVOスパイラリフトプール可動床はどのように動作しますか?

 

ボタンをタッチすることで、プール床の下にある複数の水中のスパイラ リフトの部品が静かに動き、15分以内に床を動かします。部品は外部 モーターと連携し、通常プールに隣接している「ドライルーム」にある駆 動軸によって、機械的に同期します。ユーザーとオペレーターの安全の ために、AKVOのプール可動床が電子的、機械的にバックアップ機能を 有しています。複数の組み込み安全装置は、すべての状況下でその安 全な操作を確実にします。

image

X