次世代技術:
独立した潜水性スパイラリフト®

AKVOのプール可動床の下には、強力な機械技術があります:それはス パイラリフト®です。もともと1970年代にオーケストラリフト用に設計され たこの非常にコンパクトな作動装置は、その後、多種多様なターゲット アプリケーションに利用され、結果として世界中で45,000ユニット以上の 場所で運用されています。

現在は水辺の環境に適応し、わずか数分、ボタンの操作だけで、プー ル床の高さをオンデマンドで調整することが可能です。スパイラリフトの 技術は、他の技術と比較して、負荷容量が格段に上がることを通じて プール変換システムの柔軟性を飛躍的に拡張しました。一方、設置面 積を最小限に抑え、定期的な水準測定メンテナンスを辞めることができ ます。

thumbnail

スパイラリフト技術の代表的な特徴

thumbnail

どのように、スパイラリフトは動きますか?

スパイラリフトはかなりの負荷を支えられる堅い支柱を形成する、2つの ステンレススチールバンドから成っているコンパクトな押し上げ作業装 置です。316Lステンレススチールで構築された、最新のIL150スパイラリ フトモデルは、Akvoのプール可動床専用に完全に水中に潜るように考 案されました。

  • 直径150mm。I-LockTM押し上げ支柱
  • 速度: 0.3 m/分まで
  • 100% 316 L ステンレススチール部品
  • 静的容量:4000キロ
  • リフト支柱の運動距離:最大3 m*
    *お問い合わせ
  • 動的容量: 1350キロ
thumbnail

AKVOスパイラリフトプール可動床システムの設計上の利点

 

カスタムプール設計の可能性を開く

プールの設計に関しては、多くの建築会社、プールビルダー、住宅所 有者、商業クライアントがAKVOスパイラリフトの汎用性を受け入れてい ます。モジュラーまたは大型プールプロジェクトに関連する長年のエン ジニアリング設計の課題を今では簡単に克服できるようになりました。 これは拡張可能で柔軟なプール可動床の解決を提供することによって 実現が可能となります。


X